職場環境における設備の大切さ

仕事を決める際によく言われる言葉が「働き甲斐」です。
金銭に惑わされずに、自身の求める仕事を選ぶのは勿論大事なことなのですが、最近はワークライフバランスという考え方も浸透し始めてきています。
仕事のやりがいだけを求めるのではなく、仕事と生活の調和を図ることこそが大切なのではないかという考え方です。
どんなに熱意を持って取り組むことが出来る仕事でも、それだけに終わってしまい自分の私生活がおろそかになっては、なんのために働いているのか分かりません。
企業もそういった点に気付き始め、職場環境を変え始めました。
目に見えてわかるのが設備です。
空気清浄機や加湿器、血圧計などが置いてあるところも珍しくありませんし、トレーニング室を備える会社まであります。
これはひとえに職場環境を良くするため、そしてその先に有る私生活への配慮から行っている取り組みになります。
希望する企業の面接時などに職場の設備状況について質問をするのは気がひけることかもしれませんが、その会社がどれだけ従業員という「人財」を大切にしているかを測る一つの目安になるのではないでしょうか。